ひなまつりメニュー

⚒ チーズinライスコロッケ(主役の子供も大喜び、大人のつまみにもgoodです)• ひなあられは、もともと野外で神様を祭るときの保存食として作られたのが始まりと言われています。 伊達巻• カリフォルニアロール• 施設によってはバイキング形式にして楽しんでいるところや、本格的なお抹茶をたてたりして喜んでもらっているところもあるようですので、少し用意は大変ですがぜひチャレンジしてみるときっと喜んでもらえると思います。

16
クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。

ひな祭りの老人ホームでの食事で喜ばれるオススメメニューの紹介

☢ ちらし寿司、うしお汁、桜餅、ケーキ(いちご、生クリームのホール)を手作りしています。

20
5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 手間がかかるので、普段は絶対作らないメニュー。

ひな祭りの老人ホームでの食事で喜ばれるオススメメニューの紹介

💕 コーン• 季節の変わり目に厄から身を守り、良い幕開けを願う風習を「上巳の節句」と呼びました。 ひな祭りと言えば、3月3日の女の子のお祭りです。

2
お年寄りの方にも食べやすく、海老や三つ葉なども加えればとても華やかなひな祭り料理です。 ・ちらし寿司 やはりひな祭りといえばちらし寿司ですよね。

ひな祭りの老人ホームでの食事で喜ばれるオススメメニューの紹介

😙 濃口しょうゆ 大さじ3• 手巻き寿司の具ですが、ハムをさくらの型で抜いたり、きゅうりで葉っぱを作ったりして春らしいく盛り付けます。 魚屋さんの店頭ではできませんが、料理の中にひとつでも死んだ貝があると残念ですから、調理をする前にチェックしましょう。 また天ぷらなんかも普段はあまり食べることが少ないと思いますので、ひな祭りの時は少し豪華にしてみるというのもいいかもしれませんね。

16
ゆず塩炙りぶり 四国・九州産• この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 昔から母がちらし寿司をつくって蛤のお吸い物を飲んでいましたが、お弁当には必ずおにぎりやゆでたまごでお内裏様やお雛様をつくってくれました。

特集「ひなまつりの料理」│キリンレシピノート

😔 以前からよく並ぶ祝い料理がありますが、どれも縁起を担いでいたり、願いが込められていることをご存知ですか。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。

普段老人ホームの中のイベントはなかなか外の世界に知られることは少ないですが、今はスマホが一台あれば簡単に発信できる時代です。 ちらし寿司は「ひいな遊び」の祝い膳に出していた「なれ寿司」が由来という説があり、後々縁起の良い具材を飾るように変化しました。

ひな祭りのちらし寿司以外のレシピ!子供が喜ぶ雛祭りらしいメニュー

📱 ひな祭りのお料理に欠かせないハマグリですが、二枚貝は同じ貝の貝殻同士でないとぴったりと合わないところから、良縁に恵まれることを願って食べられるものだと聞きました。 縁起の良いハマグリと春を告げる菜の花を使ったの和風クリームパスタ• 白ご飯に甘い桜でんぶをまぶした海苔サンドイッチ• とろいわし (北海道・三陸産)• から揚げ軍艦• にんじんやハム、緑の野菜など家にある材料で服や飾りをつけます。 まるいケーキ型に酢飯、シーチキンマヨネーズ、酢飯、シソの葉、スライスハム、酢飯、最後に甘いいり卵を全体にのせ花形人参や、キュウリ千切り、いくらをきれいに飾り付けしてできあがり!デザートは必ずサイダーの入ったフルーツポンチ。

9
鶏ミンチ 200g• すしパーティーセット お待たせしない電話注文が便利です。 とろびんちょう 山わさび• 人形作りの技術が上がるにつれ、立派で華やかな雛人形が作られ、流す人形から飾る人形にへと姿を変えたのです。

メニュー紹介

💖 このように、ひな祭りは進化しながらも大切にされてきた伝統行事といえます。

4
オニオンサーモン• とくに人気の高い料理といえば「ちらし寿司」と「蛤(はまぐり)のお吸い物」でしょうか。 年に一度のひな祭り。

特集「ひなまつりの料理」│キリンレシピノート

☝ グラタンに海老を入れて縁起を担ぎ、子供の大好きな黄色いコーンの粒にチーズ乗せ• たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

3
それを醤油とみりんを煮立てそこに餅をいれてかるくまぜると、とても美味しいあられの完成です。

特集「ひなまつりの料理」│キリンレシピノート

😔 女の子の節句として扱われるようになったのは江戸時代からだといわれ、それまでは男女共通の厄払いの行事でした。 毎年、ひなまつりには「ケーキ寿司」を作ります。

3
1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. さくら色もさることながら、ふんわりとした感じがひなまつりのイメージにマッチします。 だから、寿司系のご飯ものは作らずにお肉を使って、雛祭りの献立らしく見えるような夕食を作っていました。