アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される

✊ 「それでも、被害者が自ら招いた災難だとして、その映像を正当化するような反応をする人が数多くいるのです」とディオスさんは語った。 野球場もテニスコートもあり、テレビも見放題でした。 「ブラジルには性差別と性的暴力がごった混ぜになった文化があります」とリオデジャネイロ人権委員会の委員長で国会議員のマルセロ・フレイショ氏は電話インタビューで語った。

9
動画に記録されたこの事件は、もう1件の10代の少女に対する(こちらもブラジルで大きなニュースとなった)の翌日に起きた。 アメリカでは刑の重さによって刑務所のレベルが1~5とあり、トミノアイランドはレベル4。

16歳少女を33人で集団レイプ 動画投稿にブラジル全土で怒りが沸き起こる

🍀 「今回の事件にブラジル国民は怒っています」と首都ブラジリアを拠点とするフェミニスト協会「Anis」の研究員、バネッサ・ディオスさんは語った。 自分もギャングの抗争に巻き込まれて、ジムでベンチプレスをやっているときに顔を刺されたことがあります。 「彼らはこの女の体をメチャクチャにした hahahahahahahahaha、大勢にヤラれてこの女はズタズタだ」。

11
不快なら俺をフォローするな」 私はシルバに電話で何度か接触を試みたが、応答はなかった。

アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される

🖐 そんなギャングたちが、まとまるときもある。 16時のカウント(点呼)だけ守れば、あとは何をしていてもよかった。 フレイショ氏によると、リオデジャネイロでは2014年に4725件、1日平均13件の強姦事件の被害届が出されている。

12
同時に、ボランティア団体も立ち上げ、非行少年などの更生の手助けもしている。

アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される

😃 「これは国全体の問題です。 黒人の顔はザクロみたいになっていましたよ。 たとえば、レイプ犯や子供にイタズラした奴が入ってきたとき。

7
『チカーノKEI〜米国極悪刑務所を生き抜いた日本人〜』で漫画化、今年春には映画化もされた伝説のアウトローが、アメリカ極悪刑務所での驚愕体験を明かした。

16歳少女を33人で集団レイプ 動画投稿にブラジル全土で怒りが沸き起こる

🍀 インタビューに応じるケイ氏。 その後、各地の刑務所を転々とし、最後はレベル5のカリフォルニアのランパークに行きました。 Twitterでは、 EstuproNuncaMais (ポルトガル語で「 二度とレイプするな」)のハッシュタグが世界中でトレンドとなった。

12
そんな環境で10年以上を過ごし、日本に帰った。 2011年6月18日にブラジリアであった抗議活動「Marcha das Vagabundas」(スラットウォーク)に参加する女性たちの資料写真。

アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される

⚐ そこは彼女の知らない家だったという。 2014年、バルソナロ氏は同僚の議員である女性に対して、「彼女はレイプするに値しないので、彼女をレイプすることはない」と発言した。

8
『改訂版 KEI チカーノになった日本人』(KEI著/東京キララ社)より 囚人仲間と食事をする服役中のケイ氏。 「みなさんのサポートに感謝します。

16歳少女を33人で集団レイプ 動画投稿にブラジル全土で怒りが沸き起こる

😅 和彫りの入れ墨は珍しがられ、他の囚人に無断で触られ、喧嘩になることもあった 本誌未掲載カット アメリカ極悪犯刑務所の日常 FBIに逮捕され10年以上服役した日本人チカーノ・ケイが明かす驚愕体験 本誌未掲載カット アメリカ極悪犯刑務所の日常 FBIに逮捕され10年以上服役した日本人チカーノ・ケイが明かす驚愕体験 本誌未掲載カット アメリカ極悪犯刑務所の日常 FBIに逮捕され10年以上服役した日本人チカーノ・ケイが明かす驚愕体験 『FRIDAY』2019年6月7日号より• やっぱりベンチプレスをやっていたら、5㎏の重りで殴られて、目の下を陥没骨折したこともある。 ある1つの経済的階層や、別の階層に限られた話ではありません」。

9
彼女によると、次に覚えているのは翌22日に目が覚めたときだという。

16歳少女を33人で集団レイプ 動画投稿にブラジル全土で怒りが沸き起こる

👉 「これほどの性的暴力の発生率なんて、とてもじゃないが民主主義の国に暮らしているなんて言えません」とフレイショ氏は語った。

4
むしろ「何か欲しいものない?」と聞いてくるくらい。 この映像は消さない。

アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される

😭 「女性の体には何をやったって許されるというような身勝手な考え方が、一般的にブラジルでは根強く存在しています。

12
あと、私が見た中でヤバいのはキューバ人でした。 ここまでは許容される行動だという解釈が絶えずあるのです。