メジャー史上初めて女性GMが誕生したのは?【ニュース検定】池上彰

👉 ニュース検定前回の問題 今日のことば検定とお天気検定の問題. ニュース検定答えの解説 ここから答えの解説です。

52歳のアング氏はメジャーで30年の経験があり、これまでヤンキースやドジャースでGM補佐を歴任。 本拠地で就任会見に臨んだアングGMは、男性社会の壁を乗り越えた歴史的な出来事の重さをしっかりと受け止めた。

女性初GMアング氏就任に歓喜の声、オバマ夫人「応援しています!」

♥ マーリンズは必要だったバリアを打ち砕いた」とコメント。

7
そのこともあってか、アングがジェネラル・マネージャーとなったのは、けっして話題づくりなどではなく、彼女の豊富な現場経験が、ジーターCEOに認められたからかもしれない。

マ軍にMLB初の女性GM誕生

🤝 従来、ジェネラル・マネージャーというのはオーナー側に近く、彼らに代わって球団のすべてのことを決めることが多かった。 つまりチームの現場の全責任を担う重要な職務なのだ。 「これまで落ち込むこともありました。

8
その後、ニューヨーク・ヤンキースやロサンゼルス・ドジャースなどでアシスタント・ジェネラルマネージャーなども務め、上部団体であるメジャーリーグ機構にも身を置いてきた。 メジャーリーグ(MLB)144年にわたる歴史のなかで、このほど初めての女性ジェネラル・マネージャー(GM)が誕生した。

メジャー史上初の女性GM・マーリンズのアング氏が会見「重大な責任、喜んで背負う」

💢 そのうち21年をメジャーリーグのチームで職を得ていたが、その間、3度のワールドシリーズ優勝も経験している。

金曜日の午前11時に発表されてから、たくさんの方々からのあふれんばかりの喜び、祝福の言葉がどれほどうれしかったか言い尽くせません」と喜びを明かした。 8パーセントにあたる259選手が、アメリカ合衆国以外の国や地域で生まれた選手だという。

女性GM誕生、能力正当に評価されることがうれしい

🤗 彼女は当年52歳のアジア系アメリカ人。 監督やコーチ陣を採用して、体制づくりをするのも仕事だ。

18
今回はマーリンズを2003年以来のワールドシリーズ制覇へ導くことが期待される。 「メジャー30球団の野球部門で最も地位の高い女性となり、北米のメジャー男性プロスポーツチームのGMとして採用された初めての女性であると思われる」と紹介した。

メジャー史上初の女性GM誕生 マーリンズGMにキム・アング氏就任― スポニチ Sponichi Annex 野球

😁 実際、2019年のメジャーリーグの名鑑では、30チームのうち12チームに、「プレジデント・オブ・オペレーションズ」という肩書が見られる。 従来、ジェネラル・マネージャーというのはオーナー側に近く、彼らに代わって球団のすべてのことを決めることが多かった。

15
これまでいくつもの球団のGM候補になってきた同氏がついに夢をかなえたのがジーターCEOの球団というのは、これ以上ないというほど相応しいと思う。 29歳だった1998年には最年少でヤンキースのGM補佐を務め、2001年からはドジャースでも同職を歴任、11年からは大リーグ機構で運営部門の副社長を務めるなど30年以上の経歴がある。