キャストのリコールについて|リコール・改善対策情報|リコール等情報|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】

💓 ハイブリッドシステムの異常を判定する制御プログラムが不適切であり、走行不能になる可能性がある。 不具合の発見は市場からの情報によるもので、不具合件数は35件、事故は物損1件が発生している。

15
改善箇所説明図 ダイハツ工業は1月28日、電気装置(自動変機[AT]制御コンピュータ)に不具合があるとして「ハイゼット トラック」「ハイゼット」「ハイゼット デッキバン」「アトレー ワゴン」、スバル「サンバー トラック」「サンバー」「サンバー オープンデッキ」「ディアス」、トヨタ自動車「ピクシス トラック」「ピクシス バン」の10車種、計62万4105台のリコールを国土交通省に届け出た。 これ以前のリコール等の届け出についてお知りになりたい場合は、国土交通省本省、最寄りの運輸局又は運輸支局等若しくは販売会社にお問い合わせ下さい。

トヨタ リコール等情報 | 2020年 | ルーミー、タンク、パッソ、ピクシスなどのリコール

🤚 車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号 (シリアル番号)の範囲及び製作期間 リコール対象車の台数 備考 ダイハツ CBA-LA100S DBA-LA100S ムーヴ LA100S-0000067~LA100S-0300582 平成22年12月6日~平成26年11月13日 300,496台 LA100S-1000055~LA100S-1113384 平成25年2月1日~平成26年11月14日 113,325台 CBA-LA110S DBA-LA110S LA110S-0000062~LA110S-0083437 平成22年12月6日~平成26年11月14日 83,366台 DBA-LA150S LA150S-0000063~LA150S-0168835 平成26年11月24日~平成30年9月19日 168,743台 LA150S-1000059~LA150S-1076822 平成26年11月24日~平成30年8月6日 76,748台 DBA-LA160S LA160S-0000057~LA160S-0038592 平成26年11月24日~平成30年9月18日 38,529台 LA160S-1000053~LA160S-1015051 平成26年11月24日~平成30年8月6日 14,993台 DBA-LA600S タント LA600S-0000073~LA600S-0473418 平成25年9月26日~平成28年10月4日 471,841台 DBA-LA610S LA610S-0000063~LA610S-0091141 平成25年9月27日~平成28年10月4日 90,792台 DBA-LA700S ウェイク LA700S-0000066~LA700S-0076196 平成26年10月20日~平成28年9月26日 76,124台 DBA-LA710S LA710S-0000060~LA710S-0016295 平成26年10月20日~平成28年9月22日 16,233台 HBD-LA700V ハイゼット キャディー LA700V-0000059~LA700V-0002175 平成28年4月28日~平成28年9月22日 2,117台 HBD-LA710V LA710V-0000058~LA710V-0000419 平成28年4月28日~平成28年9月22日 362台• 《纐纈敏也@DAYS》. そのため、そのような操作を繰返すと当該シャフトが破損して、走行不能となるおそれがあります。 対象車種はスズキディーラーで無料修理、改善を受けることが出来ます。 型式 通称名 対象車の含まれる 車台番号 製作期間 対象車の 台数 備考 DBA-LA250A ピクシスジョイ LA250A-0005744~ LA250A-0008906 平成29年10月10日~ 平成30年 5月10日 3,154 DBA-LA260A LA260A-0001514~ LA260A-0002303 平成29年10月10日~ 平成30年 5月15日 790 DBA-LA360A ピクシスエポック LA360A-0000901~ LA360A-0002380 平成29年10月10日~ 平成30年 5月15日 1,466 DBA-LA700A ピクシスメガ LA700A-0012593~ LA700A-0016000 平成29年10月10日~ 平成30年 5月10日 3,397 DBA-LA710A LA710A-0002689~ LA710A-0003380 平成29年10月10日~ 平成30年 5月15日 690 DBA-M700A パッソ M700A-0089460~ M700A-0111595 平成29年10月10日~ 平成30年 5月 8日 21,791 M700A-1000055~ M700A-1001914 平成30年 4月 2日~ 平成30年 5月 7日 1,842 DBA-M710A M710A-0015581~ M710A-0019980 平成29年10月11日~ 平成30年 5月16日 4,367 DBA-M900A ルーミー タンク M900A-0111565~ M900A-0188344 平成29年10月10日~ 平成30年 5月 8日 76,217. なお、バルブボデーの異常摩耗については原因が特定でき次第、必要に応じて措置を講じる。

18
リコールとは 事故を未然に防止し、自動車ユーザー等を保護することを目的とするもので、自動車が道路運送車両の保安基準に適合しなくなるおそれがある状態、又は適合していない状態で、原因が設計又は製作の過程にある場合に、その旨を国土交通省に届け出て自動車を回収し無料で修理する制度です。 対 策 (1)全車両、クランク角センサを対策品と交換する。

ムーヴ、キャスト、ミラ イース、タント、ウェイク、ムーヴ キャンバス、ハイゼット キャディー、ブーン、トールのリコールについて|リコール・改善対策情報|リコール等情報|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】

😄 そのため、油圧漏れを正しく検出できず、そのままの状態で使用を続けると油圧漏れが大きくなり、最悪の場合、意図せぬクラッチが係合し、一時的に急減速するおそれがあるというもの。 そのため、ブレーキブースタに錆が発生し、そのままの状態で使用を続けると、錆が早期に進行して、最悪の場合、ブレーキブースタに穴があき、ブレーキペダルの操作力が増大し、制動距離が長くなるおそれがあります。

改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近にNo. そのままの状態で使用を続けると、ネジ面が錆びて固着し、自動調整機構が作動しなくなるおそれがある。 届出の対象となる車両を使用されているユーザーの皆様は、早急に自動車ディーラー等で修理等の処置を受けていただきますようお願いいたします。

【リコール】ダイハツ 10車種 制動装置に不具合(ID:37141)

😄 製作期間は2017年10月10日~2018年5月18日。 後輪ブレーキのシューとドラムの隙間を自動で調整する機構(ストラットセット)において、部品組立時のグリス塗布作業が不適切だった。

13
また、ブレーキブースタを点検し、錆が進行しているものについては、ブレーキブースタを新品に交換し、錆が進行していないものについては、ブレーキブースタに防錆処理を施します。

【リコール】ダイハツ 7車種 CVT油圧センサ不具合(ID:37156)

🐝 そのため、走行中にエンジンが停止する、あるいは、エンジンが始動できなくなるおそれがある。 そのため、アジャスタボルトのネジ面にグリスが塗布されていないものがあり、そのままの状態で使用を続けると、ネジ面が錆びて固着。 関連ページ トヨタ自動車のリコール情報をまとめています。

14
4818のステッカーを令和2年10月31日まで貼付します。

「ダイハツ工業株式会社」 のリコール情報一覧(ID:30)

☺ リコール対象車の車台番号の範囲には、生産工場やグレードの違い等によって対象とならない車両も含まれている場合がありますので、個別の車両の確認は下記リンク先の各メーカー検索ページ等でご確認いだきますようお願いいたします。

7
改善の内容 全車両のアジャスタボルトを点検し、固着しているものはストラットセットを良品に交換する。 それによって、雨水などがブレーキブースタに滴下することがある。

キャストのリコールについて|リコール・改善対策情報|リコール等情報|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】

🤪 改善措置としては、バルブボデーの異常摩耗の検証に時間を要するため、全車両、AT制御コンピュータのプログラムを対策プログラムに書き換えるとともに、油圧漏れを点検し、油圧漏れが確認できた場合にはバルブボデーを新品と交換する。 対象車両の製作期間は2014年8月3日~2020年11月6日。

5
日産自動車のリコール情報をまとめました。 日産自動車と三菱自動車は、共同開発している軽自動車の新型車を発表。