豊間・薄磯海岸の被害:東日本大震災から2ヶ月が経過して・・・被害内容と地域に応じた細やかな復興支援が必要。

👀 この間、薄磯海岸はソフト・ハード面で、認知度を高めていきます。 平成4 1992 年度からは薄磯海水浴場から塩屋埼灯台に至る県道豊間-四倉線420mについて、山側の崖を切り崩しての拡幅工事(5m前後から16mへ)のほか、散策園地、歩道整備に着手。 現在は復興に向けての工事が大々的に行われているため夏の海開きはされていませんが、工事の様子を一望できる「見学広場」が一般開放されており、ちょっとした話題になっています。

9
ところが、平成23 2011 年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に起因する大津波が、太平洋沿岸に来襲しました。 海岸からは400mは離れていると思うが、土砂やがれきで埋もれていた。

海鮮料理の宿、民宿鈴亀 / いわき市塩屋埼薄磯海岸

☢ 直後から、薄磯においてはさまざまな復旧・復興の施策が展開されていますが、海岸部では防潮堤のかさ上げ工事が行われたため、この期間中、海水浴場開設は見送られていました。

6
薄磯海岸のシンボルである灯台が目印の、いわき信用組合塩屋崎支店。

薄磯海水浴場|見る・遊ぶ|いわき市観光サイト

🤘 待望の再開は、防潮堤工事が完了したのを待っての平成29 2017 年夏。 津波被害の爪痕を強く残した現実が色濃く残されていた。

10
四倉町と豊間地区を結ぶ幹線道路は津波をかぶり、砂だらけになっていた。

シリーズ「海と復興」いわき市薄磯地区「見学広場」

☘ 32 ;border-radius:3px;opacity:0;-webkit-transition:opacity. 町の中心部は幾度と押し寄せる津波と、丘で反射した津波がぶつかって、渦を巻いていたという。 自衛隊の部隊が人命検索や調査のために、現地入りしていた。

5
【初日の出スポット】 薄磯海岸から臨む、塩屋埼灯台と日の出のコントラストが美しく、写真愛好家には人気のポイントです! 2019年の海水浴場は閉設いたしました。

豊間・薄磯海岸の被害:東日本大震災から2ヶ月が経過して・・・被害内容と地域に応じた細やかな復興支援が必要。

🤝 2度目のピーク時には14軒の海の家が立ち並んでいましたが、後継者不足、入り込み客の減少で廃業が相次ぎ、この年のシーズン前には5軒の立地にとどまりました。

17
本年は、勿来海水浴場、薄磯海水浴場、四倉海水浴場、久之浜・波立海水浴場の4海水浴場で実施することを決定いたしました。

豊間・薄磯海岸の被害:東日本大震災から2ヶ月が経過して・・・被害内容と地域に応じた細やかな復興支援が必要。

🤛 15s linear;-moz-transition:top. 見る影もない。

13
土地区画整理事業の宅地造成が完了した薄磯地区。 また、昭和30年代後半には、高波などによる道路決壊や集落への危険を回避するため、集落と海の間に高さ5. 東日本大震災から5年半近くの時間が経過し、各地の復興の歩みはなかなか報道されなくなっていますが、こうして折に触れて海辺を訪れ、ここにあった生活や、これからここで送られるであろう新しい生活のことに思い馳せながら、「海との理想的な関わり」について考えてみてはいかがでしょうか。

海鮮料理の宿、民宿鈴亀 / いわき市塩屋埼薄磯海岸

😝 もはやどこを撮影しても、瓦礫の山だった。 2019年夏、いわき市に開設する開始浴場をご紹介します。

それは大津波に対しては、わずかな抵抗でしかなかった。 記事にするには熟考が必要だった。