【試乗記】 ホンダ インサイト EX・BLACK STYLE

📱 加えて「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」は内装の加飾としてボディカラーに合わせたステッチカラーが設定され、クオリティアップが図られています。

14
ちなみに価格設定は以下のようになっています。 エンジンは最高出力109ps、モーターは最高出力131psという実力を持つ。

ホンダ インサイト購入ガイド「渾身のシステムで失った顧客を奪還せよ!」ガリバーの2019年新車購入ガイド

🐝 モーター/エンジンの切り替えはスムーズで、フィーリングの違いにはほとんど気づかない。

13
標準装備されたトランクスポイラーも大袈裟でなく、さりげないアクセントになっている。

ホンダ・インサイトがマイナーチェンジ。華やかな内装の新グレードを追加【新車】

🤐 他にも違和感を感じる内容がたくさんありましたが、やめておきます。 後期型のレンタカーが見つかれば乗れないこともないのですが、後期型指定で探すのはかなり手間がかかりそうですし、いろいろと予定がある中で、あえて時間を割いてまでして後期型アテンザに乗ることは考えていません。

本田技術研究所常務執行役員の相田圭一氏に説明してもらおう。 新型カムリWSより、私は好感を持ちました。

HV車とは思えない上質かっこいい「新型インサイト」 [HONDA(ホンダ)] All About

🤭 ホンダ 新型「インサイト」の外観イメージ 総じて、i-MMDは次世代のホンダのハイブリッドを背負うだけのことはあって完成度は高く、実用性、スムーズさなど、高いレベルを維持している。 伸び感も物足りなさは残りますが、ノーマルモードよりは改善されます。 その硬さというのも、スポーティーな硬さとはちょっと違っていて、単にサスペンションのストロークが少ないという感じがして、車体が上下に揺さぶられる。

8
「インサイト」は全グレードで前輪駆動方式を採用する。

ホンダ インサイト購入ガイド「渾身のシステムで失った顧客を奪還せよ!」ガリバーの2019年新車購入ガイド

✇ 「EX・BLACK STYLE」の18インチアルミホイール WLTCモード燃費28. 後方に対する安全支援装備「ブラインドスポットインフォメーション」も標準装備。

14
リアにもセンターアームレストを配備。

ホンダ 新型「インサイト」試乗&実燃費テスト/スムーズな走りはまさに次世代ハイブリッド

👈 サイズ感は賛否両論あるかもしれませんが、個人的にはちょうどいいところを付いてきたなという印象。 シビックとインサイトの苦い失敗によってホンダが得た結論は、• まず走りが軽快になり、乗り心地もしなやかさがかなり増したのだ。 2代目インサイトは2009年春より日米欧で発売し、年間20万台の販売予定、と発表。

15
グレード: EX• 燃費性能をとことん突き詰めた、ものすごくマニアックなモデルだった。 燃費性能をとことん突き詰めた、ものすごくマニアックなモデルだった。