怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

😅 2016年 5月 12日• 2016年 12月 5日• 2016年 11月 30日• 2016年 5月 12日• 2016年 12月 17日• 2016年 5月 12日• 2016年 5月 12日• 6 山にまつわる怖い・不思議 新着タイトル一覧• 一体何か? 実吉氏は恐竜の生き残りの可能性を示唆していますが、どうでしょうかね?• 2016年 5月 12日• 2016年 5月 12日• 2016年 12月 11日• 実吉達郎氏がもう50年以上前に出版した『アマゾニアの恐竜』という本に書かれていた話。

12
2016年 5月 12日• 今から30年以上前に死んだ爺さんから聞いた話 広島市から少し北に行くと吉田って地域があるんだけど そこの山の麓に一見の空家があってお化け屋敷として有名だった それを信じられんという肉体労働者の男達7,8人が 「お化けなんかおるもんかい。 2016年 5月 12日• 2016年 5月 12日• 冬のとても寒い日だった。

怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

♨。

2016年 5月 12日• 2016年 5月 12日• 2016年 5月 12日 週間人気タイトル一覧• 2016年 12月 18日• わしらが見てきちゃる」と、その空家で 酒盛りをすることになった しかし何時間も経たないうちに、空家で酒盛りをしてるはずの 男達が何故か山を降りてきた 理由を聞くと「最初は猫じゃ思うたんじゃけど・・・」 「家中から赤ん坊の泣き声が聞こえるんで恐ろしゅうなってのう・・・」 結局、その山の泣く家で何があったのかは地元の人でも知らないらしいが なにか秘密でもあったのだろうということで、それ以上なにもなかった 今は取り壊されていると聞いた 地元ではかなり有名な事件だったらしい 母方の曾祖父は千葉の大多喜に住んでいた 生まれは明治初期 曾祖父の親が大多喜藩士だったため、気位が高く、平民となっても働かない 家計は困窮し、曾祖母は干乾びた飯を油で揚げて揚げ煎餅として売り歩くなど辛酸を嘗めた そんな曾祖父が若い頃に何度か狐に騙されたそうな 大多喜の猿稲に棲む狐は化かす事で有名で、曳き回しと呼ぶ馬鹿し方をする 幻覚を見せて同じ場所を堂々巡りさせるのだ 曾祖父がある晩、遅くなると畑道を周り込むと何度も同じ場所に来る 先程から遠くに宮本さんの家の窓からのランプの灯りがずぅ~と見えている おかしい「これはもしやと」思って座り込むとキセルを取り出しタバコを吸い始めた 暫くして立ち上がるとなんの問題も無く帰れたという これは化かす狐がすく足元にいたのである 腰を下ろしてタバコをふかされると煙くて堪らない 狐はそこで退散して、それより術が解けたのだろう へそ吉• 彼は、その日に限って銃を持っていませんでした。

怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

🤞 俺が車を確認している間、一緒にパトロールしていた定年間際の相勤者に照会をしてもらっていた 俺が車に近づいてドアの鍵を確認していたら、その人から、どうやら、自殺をほのめかして家を出て行ったと捜索願が出されている人の車のようだと聞かされた 俺は、とんでもなくびっくりして、少し固まってしまったけど、どんどん大きくなる救急車のサイレンで少し冷静を取り戻せたんだと思う 俺はもう、その人が生きてるのか死んでるのか、生死の境を彷徨っているのか、もうわからなかった 目を見開いたのを見てから、とても混乱していたと思う 体は冷たかったが、とりあえず心臓マッサージをして、もしかしたら助かるかもという希望を持っていた 救急隊員と本署からの刑事さんたちがほぼ同時に到着して、俺は、その人たちに状況を説明して、それぞれの担当に引き継いだ しばらくして、仲のよかった刑事さんが近づいてきて、 「何で心臓マッサージなんかしたんだ。 2016年 5月 12日• 2016年 12月 16日• 2016年 11月 28日• 2016年 5月 12日• 2016年 12月 8日• 2016年 5月 12日• 2016年 12月 5日• 2016年 5月 12日• 2016年 5月 12日• 126• 2016年 12月 12日• 2016年 12月 1日• 2016年 5月 12日• 2016年 12月 14日• 2016年 11月 29日• 2016年 12月 20日• 2016年 12月 9日• 2016年 12月 11日• その言葉を聞いたとき、目が開いたんですとは、言えなかった。

2016年 12月 2日• 2016年 5月 12日• 2016年 5月 12日• 2016年 12月 25日• 何人もの大男が太い木を担ぎ、その木が周りの樹木にぶち当たる、というような感じのです。

特選怖い話

⌛ ブラジルの事ですから、山ではなく平原に広がる、人などめったに入らない大密林の奥での話ですが、その移民の男性は、密林で切り出した木材をトラクターで牽引して搬出するための道造りをしていました。 2016年 5月 12日• 2016年 12月 19日• 2016年 5月 12日• 2016年 12月 9日• 恐怖を感じて2・3歩後ずさりしたほどでしたが、やがて音は遠ざかり、消えました。

8
2016年 12月 2日• 2016年 12月 20日• 大密林の中では、風で大木の枝がぶつかり合って音を出すのは普通に起こる事です。 数日前から降っていた雪がやんで、放射冷却が厳しい日だったと思う。

怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

😩 2016年 12月 23日• だが移民男性が聞いた音源は明らかに密林内を動いていた。 山にまつわる怖い・不思議な話一覧• 舞台はブラジルで、ある日本人移民の体験談です。

17
あのときのことは今でもゾッとするし、これは不思議な体験だったなと今でも思う。 115• 電動のこぎりや重機などなく、すべて手作業の重労働でしたが、斧で大木を切っていると、その音に交じって別の音がします。

特選怖い話

🤣。 。

6
。 。

山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

☺。 。 。

14
。 。

【恐怖体験】『最初は猫じゃ思うたんじゃけど・・・』山にまつわる怖い話 : うしみつ

♨。 。 。

10

特選怖い話

🙃。

8