愛知知事リコール運動終了 名古屋・河村市長「もう1回やる説も」 大村氏「市長は哀れな人」

👊 トリエンナーレにあてられる補助金である文化庁の2019年度「日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業(文化資源活用推進事業)」採択一覧では、補助事業者名が「愛知県」となっている• 我が国では、リコール署名の後に再度解職投票を行う必要がありますから、リコール署名の必要数は、有権者の半数以下に設定されています。 今後、不正署名の実態が明らかになるとともに、具体的な調査や対応が選管や司法機関によって明らかになってくるとは思いますが、これだけ広範にわたる署名活動における大規模な不正ですので、全容の判明には相応の時間が見込まれます。

2% まず確認しておきたいのは、このリコールで集まった真正な署名は、7万3044筆に過ぎなかったということです。 いやいやそんなことはあり得ない。

愛知県知事リコール問題 前代未聞の事態に沈黙するお仲間|日刊ゲンダイDIGITAL

♻ この間、報道機関から佐賀県においてアルバイトを使って名簿の書き写し作業が行われて1000万円超の給与が支払われたことや()、大会を主導した「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」事務局幹部の発注書を警察が押収したことの報道もなされるなか(、)、自ら「最高責任者」を自認していた()高須克弥氏、大会を主導した「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会(以下「リコールの会」と言います)」事務局長田中孝博氏(元日本維新の会愛知県第5選挙区支部長=現在は辞任=)が田中智之弁護士と共に記者会見をし()、それぞれ自らの関与を否定したものの具体的な説明はほぼなく()、混沌とした事態となっています。

2
愛知県や協賛企業が被害者となる、電話での過剰な抗議・脅迫などの不法行為・犯罪行為• 結局リコールに必要な86万人分の署名は集まらず、43万5231人分を提出して、突然高須院長は病気を理由に運動から降りてしまった。

愛知県知事リコール問題 前代未聞の事態に沈黙するお仲間|日刊ゲンダイDIGITAL

🙂 仮に〝スパイ〟が介入していたとしても、有効な署名は2割弱の約7万人分程度で目標としていた100万人の賛同には遠く及ばない。 昨年10月に名古屋市から700キロほども離れた佐賀県内の貸会議室にアルバイトを集め、用意した名簿を基に、署名簿に他人の氏名や住所を書かせた。

あいちトリエンナーレの問題点・争点 あいちトリエンナーレ2019の問題点・争点は、次元が異なるものが総花的に並べられ、外縁部分の話題に焦点が当てられることが多いですが、それは目くらましであり、大前提となる出発点は、以下の問題です。

愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補 吉村知事は公然と応援 それでも松井市長は「知らんわ」と無責任発言|LITERA/リテラ

👌 関係者によると、高須氏が運動開始を表明した直後の昨年6月、広告関連会社から運動事務局に「協力したい」と連絡があった。

結局リコールに必要な86万人分の署名は集まらず、43万5231人分を提出して、突然高須院長は病気を理由に運動から降りてしまった。

愛知県知事リコール問題 “偽造署名”運動事務局の指示か 高須院長「ビックリした」― スポニチ Sponichi Annex 社会

😃 細かい事実関係は愛知県や名古屋市の検証委員会がまとめたものや、本ブログで過去に整理した内容を見てください。 また、このときのような作品展示・運営ルールだとどういう問題があるのか?については、説明の仕方が難しいですが、少なくとも『 公的機関が展示作品のメッセージにお墨付きを与えているという外観』が存在しているのが問題ですので、そこをどうクリアしていくかが今後の課題です。 「 誰と誰との関係で問題となるか?」という視点を持ちましょう。

愛知県の大村秀章知事(60)のリコールを求める署名の8割以上が無効だったという報道について、懐疑的な見解をつづった。

愛知県知事リコール問題「83%が無効の疑い」に根拠なき反論を続ける人たち【ラサール石井 東憤西笑】 (2021年2月4日)

✌ 県選管は今月15日、地方自治法違反容疑で愛知県警に刑事告発した。 愛知県の令和2年9月1日現在の有権者数は613万2684人ですからこれは、有権者数の1. 細かい事実関係としては、大村知事は作品展示前のタイミングではこの展示があるという事実を知らなかった可能性が高いのですが、いずれにしても展示が問題視された後に大村知事が展示を容認した事実があります。 ましてや、途中でリコール署名を中断した理由について高須院長は自身の病状と説明をしていましたが、これらの不正署名の内情を署名断念の時点で把握していたのかどうか、今後焦点になる可能性もあると考えます。

4
運動を支援した名古屋市の河村たかし市長は16日、「ありがたいと(受け入れた)」と説明した。 これは選挙の自由を保障する日本国憲法第15条の規定に基づく権利です。