「いぬぼく(妖狐×僕SS)」感想。最終回後に訪れる鬱展開に衝撃!

📞 では、早速その理由について詳しく見ていきましょう。 物語開始時15歳。 巨乳派であるため、第2章の野ばらの容姿を嘆いていた。

13
ラウンジのコック。

「いぬぼく(妖狐×僕SS)」感想。最終回後に訪れる鬱展開に衝撃!

😆 前世や百鬼夜行の調査には関わっていないものの、偶然耳にした前世の事件にまつわる残夏の発言や、命から受けた手紙の意味がわからず困惑している。 第2章でも外に出ることはできないので、ゲームで夏休み体験をするとのこと。

20
第1章の記憶がある。

妖狐×僕SS

🤙 残夏曰く「美人なのに惜しい」。 一説では、朽ちない存在である妖怪が人間の腹を介して再生するよう変化したもの。

8
長い黒髪に紫の瞳をした美少女だが、口を開けば心にもない悪態をついてしまうという幼少のころからの悪癖がある。 男なのに何故かメイド。

「いぬぼく(妖狐×僕SS)」感想。最終回後に訪れる鬱展開に衝撃!

😊 寝起きからテンションが高い。 。

10
第3章 未来からの手紙と残夏の預言を受け、百鬼夜行阻止の起こったifを知る。 2012年11月22日初版発行(同日発売 )、• 年齢は13歳。

妖狐×僕SS

🖕 妖館のコンシェルジュ。

11
先祖返り 先祖が過去に妖怪と交わり、その妖怪の血を濃く受け継いで生まれてくる者たち。

「いぬぼく(妖狐×僕SS)」感想。最終回後に訪れる鬱展開に衝撃!

⌚ 第1章、第2章共通して全女性キャラの中で最も胸が小さい(Bカップ)。 千年桜に時間を奪われたことで不老となった命のために思紋が「儂が其方の未練ある時間になろう」と述べたことが思紋との大切な思い出となっており、思紋にたくさんの物語を思紋に届けるため百鬼夜行を行っていた。

16
「僕は貴女の犬になりたい… 」 概要 略称は『』。 蜻蛉のテンションについていけるなど、とても順応力が高い。

妖狐×僕SS (いぬぼくしーくれっとさーびす)とは【ピクシブ百科事典】

⚓ メゾン・ド・章樫(妖館)は表向きは『 厳重な審査をクリアした者しか入居を許されない高級マンション』だが、実は 妖怪の先祖返りが住まうマンションだった。 自称不良(ワル)。

19
転生後の先祖返り達を前世と今世は別人と割り切ろうとするも、感情的には気持ちの整理がついていない。 ifの世界で凜々蝶と交際していたが、最期を知った凜々蝶から避けられるようになったため踏み込んで接することが出来なくなる。